レジを扱うお店にはPOSシステムをお勧め

気軽に相談できます

歯科

安定経営が可能です

歯科の開業で大切なのは初期費用を抑えることです。まず歯科の開業で必要となる資金はテナントか戸建てかで大きく変化します。テナントの場合には毎月のテナント料が必要となることにくわえ、更新料や共益費の負担も必要となってきます。一方の戸建ての場合はテナント料・更新料・共益費などの負担はなくなりますが、土地の取得費用やクリニックの建築費用が膨大となる点が悩ましいところです。またこれらの費用にくわえ歯科として開業するためには、診療ユニットやレントゲンをはじめ滅菌装置やインスツルメントなども準備する必要があります。これに電子カルテのメンテナンス費用や歯科衛生士の人件費などをくわえると、初期費用が安いテナント開業の場合でも5000万円以上は必要です。戸建て開業の場合はさらに追加で3000万円程度が必要となります。多額の資金が必要となる以上、開業するからには決して失敗は許されません。これから大阪で歯科を開業する方はコンサルタントに相談しましょう。大阪のコンサルタントに相談すれば、コストを抑えたクリニック開設や患者を呼び込むためのノウハウなどをワンストップで提供してくれます。たとえば歯科を利用する患者のほぼすべてが受診前にホームページを参考にしてクリニック選びを行っていますが、大阪のコンサルタントに相談すれば完成度の高いホームページを開設してくれるので高い受診率を達成することが可能です。また歯科設備の導入は通常はクリニックごとに購入することが基本ですが、コンサルタントに相談すればほかの開業医と合同で購入することも可能となるので、設備投資費用を抑えた開業も可能となります。大阪のコンサルタントに相談すれば資金の運用方法や設備導入のタイミングなども包括的に分析してくれるので、安定したクリニック経営を行えるようになります。